2017年02月07日

電動ガン狂四郎


これはプラモ女子ですね。

女だてらにすっげーのを作るみたいですが・・・

・・・

私が電ガン弄る原点は
「プラモ狂四郎」だと思います。

まだMSVが出る前にコミックボンボン誌上で
ストリームベースとかのモデラー(当時の造語でしょうか)
たちがスタンダードなキットをベースにしてMSVを実際に作ってたのをワクワクしながら見てました。
※MSVは毎月一枚大河原先生がイラスト描いてましたね。

昔の人はプラ板とポリパテでなんでも作ってたんだなぁ・・
カリスマ先輩もパテの魔術師ですね。原点はプラモなのか

そしてガンプラブームに燃料を投下したのが!

ご存知「プラモ狂四郎」

「プラモシュミレーションシステム」に自分がカスタムしたプラモをセットすると仮想空間でライバルと戦えるという画期的な設定が全国のガンプラ少年の脳みそをウニにしました。

こだわればこだわるほど強くなるガンプラ

山根大好きでした。

私もやたらにミサイルポッド着けたり
胸部にゴム板貼って無意味な防弾アーマー仕様
作ったりして友人に自慢したり・・・

昔の少年は空想で遊べてました。

いまやってる電ガン弄りも
「こだわってどれだけ戦闘力を高められるか」
だと思います。

いまだに新しい発見があってまだまだ遊べそうです。ポン付けでは効果があまり無いパーツでも組み合わせで可能性が無限になるあたりとか寝食忘れてしまいます。

サイレンサーの中に綿入れてみたり
スチールウールやガラス綿入れてみたり

真綿でなんとなく高音域が出なくなったような気がします(個人的感想)

気が済むまで作業したら・・・

フィールドで
「おっさんのプラモシュミレーション」
(プラモじゃないから実際に戦えるのですけどねw)

レジャーとしてのサバゲには全く関心ありませんけど、自分で作ったモノで戦えるという喜びがあるかぎりはクルマで5分のフィールドにだけは足を運びたいと思います。

「数を揃えることじゃなく納得いくまで作りなおす事」
電ガンも同じなんでしょう・・・


実はマルイスタンダードが最強だったりもしますwカラシタカナ氏が作る電動ガンがすごいのは、マルイベースで確かなパーツ、確かな補器、地道な作業のミルフィーユがなせる技なのでしょう。

初期のMSVのプラモ作りたくなってきました。

アテブレーベ・オブリガード
(また逢いましょう、。お元気で)




  


Posted by てつろーくん  at 17:24Comments(10)鶏肋集